ごった煮

好きなものの寄せ集め的ブログ。自分の好きなものの魅力を少しでも発信できればいいなと思っています。

ラジフェス24時台3兄弟イベントレポ

赤坂で行われたTBSラジオの祭典、ラジフェスに行ってまいりましたー!

www.tbs.co.jp


私は『アルコ&ピース D.C.GARAGE』『うしろシティ 星のギガボディ』『ハライチのターン!』、通称『24時台3兄弟(3番組)』の合同ステージイベントの観覧に当選していたので、がっつり観覧してきました。

natalie.mu


以下、ふわっとした24時代3番組ステージイベントレポ。
思い出しながら書いているので、記憶違いの点などあると思いますがご容赦ください



出演者は、
『アルコ&ピース D.C.GARAGE』より、アルコ&ピース(酒井健太平子祐希)
うしろシティ 星のギガボディ』より、うしろシティ(阿諏訪泰義金子学)
『ハライチのターン!』より、ハライチ(澤部佑岩井勇気)
の3組、計6人でした。

ハライチ岩井の前説

「今日は俺たち3組で!この赤坂をぶち上げてやるからな!!お前ら!!盛り上がる準備はできてるかい!?」

ハライチ岩井勇気さまによる、テンションぶち上げクレイジー前説。実は一言一句違わず台本通り。
岩井さま曰く、「全部俺のことよく知らない作家が書いた台本通り」
澤部さん曰く、「(作家さんは)岩井のこと明るい子だと思ってたのかなあ」


その後先輩4人に「もう一度やって」と頼まれ、「絶対に嫌です。…は?嫌です。俺そういうタイプじゃないんで」と言って完全に拒絶する岩井さまのぶっ尖りっぷりに震えました。

ネタコーナー

岩井さまの前説で会場のボルテージも最高潮に達したところで、各組のネタコーナーへ。
各コンビの登場時に、番組のOPテーマ*1が流れる演出はなかなかアツかったです。

アルコ&ピースは、数週前にラジオ内で話題になっていた伝説のコント、「ブロークバック・マウンテン*2」。
平子さんがタイトルを読み上げた瞬間、割れんばかりの歓声が!

うしろシティはショートコントを3本。
アルコ&ピースの異様な盛り上がりっぷりに、何か不穏なものを感じていたようで、
金子「よかったー!ウケたー!アルコがやけに盛り上がってたから、俺らスベるかと思ったー!」
阿諏訪「あんまりそういうこと言わない方がいいって。かっこ悪いから」
金子「ウケてよかったー!真面目にやってよかったー!」

ハライチは漫才を披露。
「妖精の国からSOSが…」といった内容。
あまりにも完璧に仕上がりすぎていて、ある事情を抱えたコンビから後でイジられることに。
ここでは岩井さんのテンションも通常通り。

OPトーク

ネタコーナーが終わり、ついに3組がステージに揃います。
OPトークの話題はもっぱら…

酒井「オイオイオイ!ハライチさんの漫才は仕上がってますなあ!そりゃあM-1グランプリ準決勝進出しますわなあ!」
平子「センターマイクを燃やせー!我々は、ウエストランドを支持するー!漫才という概念を燃やし尽くせー!」
実はイベント開始一時間前に、M-1グランプリ準決勝進出者の発表が。ハライチは準決勝へ、アルピーは敗退という明暗分かれる結果に。

阿諏訪「さっきも裏で平子さんがさー、結果確認した後いきなり『燃やせえー!』って叫び出して。何をだよ!」
金子「酒井くんもさあ、携帯で結果確認して『あれ?俺の端末だと落ちてるわ…』って。どの端末でも落ちてっから!」

「やっぱ俺らコント師だから」と言い訳するアルピーに、「今年のキングオブコントも2回戦落ちだったじゃねえか」という厳しい指摘も。

最近の各番組

M-1の話、岩井さんのぶち上げ前説の話で盛り上がったあとは、近頃各番組で話題になっていることについての報告会に。

アルピーdcgでは、もっぱらボイパ。「え?今さらボイパ?」って言ってるヤツの方が逆にシャバい。目指せおっくん。
「せっかく6人いるし、みんなでラグフェアやろうぜ」と提案するものの、即却下されるアルピー。
結局平子さん自慢のボイパに乗せて、酒井さんが自慢のラップを披露することに。
「ヤベー!平子っちのビート、マジ(ラップ)乗せやしー!」
と満足げな酒井さんに対し、
金子「平子さんのビートに対して酒井くんのラップが短すぎる」
澤部「一個しか韻踏んでないじゃないですか」
岩井「つーかやっぱりなんで今さらボイパなんすか」
という冷ややかな意見も。

ガボディでは、小学生の頃やってた遊びトークバトエンとか定規戦争とか消しバトとか下校時の謎ゲームとか超懐かしい。
ただこの番組の性質上、「最終的にはルールが曖昧になって喧嘩して同級生に泣かされた」リスナーが多い。
平子「まあ、お前ら二人も似たような(泣かされるような)タイプの人間だしね」
阿諏訪・金子「はい!」

ハライチのターンでは、『能力者』の話題で持ちきり。
何を隠そう岩井さんは、自分の持ち物や大事な予定を忘れてしまう能力『忘却の彼方(フォゲット・ザ・フォゲット)』の持ち主。それに共鳴した能力者リスナーが集まっているのです。
能力者は他の能力者の気配に敏いため、イベント観覧客の中に潜む能力者の気配もいち早く察知する岩井さん。
能力者オフ会と勘違いして集まった能力者からの、見えない攻撃を間一髪で避ける岩井さん。

大食い対決

本イベントのメインコーナー。昨年に引き続き、酒井さんきっての希望(ワガママ)で開催された大食い対決。
挑戦者は「大食いやらないならイベント行かねえ」と豪語していたアルピー酒井さん、昨年に引き続き一般人代表うしろシティ金子さん、全く気が乗らない初挑戦ハライチ岩井さんの3人。

大食いの食材は、ギガボディ内で盛り上がっていた『ストイック飯*3』の企画から、意外と美味しかったと評判のエクレア*4
さらにお料理芸人ことサイゲンD介こと阿諏訪さんお手製の味変用ソースも!
酒井「これ美味いの?去年のソース、マジで不味かったからな」
岩井「人の手作りのモンとか本当に気持ち悪い。俺そういうの嫌いなんすよ」
と、挑戦者たちの士気も上がっている様子でした*5

準備も万全に整ったところで、10分間の大食い対決がスタート!
マイペースに黙々と食パンを頬張る金子さん。
数皿目にして早くも奥の手、食パンを水にびちゃびちゃに浸して食べる『小林尊スタイル』を発動させる酒井さん。
開始数分、微妙な盛り上がりっぷりに「え?こんなんがあと5分以上も続くの?」顔の平子さんと阿諏訪さん。
なんとも言えない空気に包まれたステージを盛り上げようと奮闘するMC澤部さん。
その様子をただ眺めることしかできない我々観客…

そしてここで現る、まさかまさかのダークホース、岩井勇気さま
誰も予想だにしなかった凄まじい食べっぷりを披露し、ステージ上の5人と観客全員の度肝を抜くことに。

岩井さまの活躍によって会場の熱気が高まるとともに、勝負は終盤戦へ。
残り1分という遅すぎるタイミングでラストスパートをかけるべく、食パンを4枚一気食いしようと試みる金子!
コーヒーフレッシュで真っ白に濁った水で食パンを流しこみ、ポッキーを大量に口に含むも、意外と処理に手こずる酒井!
そんな二人を横目に、時折赤坂の空を見上げながら、安定したスピードで皿を重ねていく岩井!
「誰か俺の作った味変ソース使えよ!」と嘆く阿諏訪!

結果は岩井さんの圧勝!
優勝者インタビューでも
「まだ腹7分目っすわ」「物を食べてると思うから腹にたまる。霞を食ってると思えばいくらでも食べられる」
と答える余裕っぷり。
酒井さんからも「こいつ、マジもんのチャンピオンだわ」と健闘を讃えられていました。

大食い企画立案者の酒井さんは「ただただ10分間で何かを11皿食べられるだけの人*6」という称号を貰い、金子さんは2皿目で既に腹にきていたことを告白。
番狂わせに次ぐ番狂わせを経て、和やかムードで大団円です。

イベントの最後には、ステージ上から大勢の観客をバックにした6人の記念撮影。
これでとにかく楽しかった、わずか1時間のイベントは幕を閉じました。
阿諏訪さんは、誰にも使われなかった味変ソースを寂しげに見つめてから、裏に戻って行きました。

総評・感想

めっちゃくちゃ楽しかった!!!!!
初めて生で大好きなアルコ&ピースとハライチを見られたこと、初めてこの3組の合同イベントに参加できたこと、全部が新鮮で、全てが楽しくて仕方がなかったです。

この究極の内輪向けみたいなイベントだからこそ、パーソナリティ6人からの観客(=リスナー)への信頼を感じられ、毎週彼らの3番組をニヤニヤしながら1人で聴いている私としてはとても嬉しかったです。
また来年も行きたいなあ。


あ、この3組の番組にちょっとでも興味を持ってくださった方は、ぜひradiko等で番組を聴いてみてくださいね。
本編以外にも、TBSラジオクラウドでは毎週10分程度のアフタートークも聴けますよ!


2017年11月7日(火)24:00~25:00 | アルコ&ピース D.C.GARAGE | TBSラジオ | radiko.jp

2017年11月8日(水)24:00~25:00 | うしろシティ 星のギガボディ | TBSラジオ | radiko.jp

2017年11月9日(木)24:00~25:00 | ハライチのターン! | TBSラジオ | radiko.jp



*1:アルピーdcgは「Runaway Baby / Bruno Mars」, 星のギガボディは「rival / PLUS-TECH SQUEEZE BOX」, ハライチのターンは「夜のライン / (((さらうんど)))」

*2:アルピー結成時に酒井が書き、お蔵入りになったコント。数週前のラジオ内で、平子宅からこのコントの台本が発掘されたことが報告された。

*3:「お金がなくとも、美味しいものを食べたい!」という美食家リスナーが考案した激安料理。ガリと煮干しを皿に並べたフィッシュ&チップスや、タダでもらえる牛脂を炒めた汁を飲む肉ジュースなど。最強の調理方法は「思い込む」こと

*4:ポッキーを食パンで挟み、コーヒーフレッシュをぶっかけたもの。味はほぼエクレアらしい

*5:作った本人を目の前にしても全くひるむことのない、岩井さまのあまりのトガりっぷりに痺れた

*6:昨年のイベントで行ったコロッケ大食いでは、10分間で11皿のコロッケを食した

広告を非表示にする