読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごった煮

好きなものの寄せ集め的ブログ。自分の好きなものの魅力を少しでも発信できればいいなと思っています。

絶対不動の名盤『関ジャニ∞の元気が出るCD!!』を信じろ

6月末に関ジャニ∞の新アルバム『ジャム』が発売される。
非常にありがたいことに、様々な音楽番組や「関ジャム 完全燃SHOW」のおかげで、世間からの関ジャニ∞への注目や関心が増しているのを感じる。
ファン以外の方にも、この最新アルバムに注目してくれている人がいるのではないかと密かに期待している。

でもきっと「ちょっと関ジャニ∞の曲には興味があるけど、何から手を出してみればいいのか分からない」といった方も多いはず。
そんな人に是非ともこの『関ジャニ∞の元気が出るCD!!』をオススメしたい。理由は簡単。このアルバムがケチのつけようもない絶対不動の名盤だからだ。*1
このアルバムの中から是非とも聴いてみて欲しいオススメの曲(=特に自分の好きな曲)を数曲紹介したいと思う。

でも最初に言いたい。
興味はあるけど、全曲聴くほど、この記事を最後まで読むほど暇じゃないって人は、最初の二曲「High Spirits」と「勝手に仕上がれ」だけでも聴いてみてくれ!お願い!

関ジャニ∞の元気が出るCD!!

関ジャニ∞の元気が出るCD!!

ジャケット画像は公式HP↓を見てください。

関ジャニ∞の元気が出るCD!!|関ジャニ∞公式サイト / INFINITY RECORDS オフィシャル ウェブサイト


概要

関ジャニ∞の元気が出るCD!!』は2015年11月に発売された、関ジャニ∞の10枚目のオリジナルアルバム。
アルバムオリジナル曲10曲と、'14〜'15年に発売されたシングル曲「言ったじゃないか」「CloveR」「がむしゃら行進曲」「強く 強く 強く」「前向きスクリーム!」を加えた計15曲が収録されている。
メンバーが作詞や作曲を手掛けた楽曲に加え、OKAMOTO'S、KANA-BOONサンボマスターといった豪華アーティストによる書き下ろし曲も。

さらに通常盤のDisk2のみ、横山&錦戸、丸山&安田&大倉、渋谷&村上というファン垂涎ものの組み合わせ*2のユニット曲が3曲と、巷で話題の謎のラッパーTAKATSUKING*3関ジャニ∞とのコラボ曲も…!

曲紹介

High Spirits

本アルバムのトップを飾る「High Spirits」はメンバー演奏によるインスト曲。
渋谷のブルースハープ、安田&錦戸のギター、丸山のベース、横山のトランペット、村上のキーボード、大倉のドラム。各楽器ごとに見せ場(聴かせ場?)があって、とにかくアツい。かっこいい。
ただただ演奏だけで関ジャニ∞の2015年での躍進を感じさせ、このアルバムへの期待を最高潮へ高めてくれる一曲。

勝手に仕上がれ

OKAMOTO'Sが楽曲制作を手がけた「勝手に仕上がれ」。
TVではなかなか伝わりにくい、バンドとしての関ジャニ∞、ライブシーンでの関ジャニ∞の魅力を見事に4分21秒に凝縮した一曲。
パートの割り振りから、歌詞の一句一句まで緻密に関ジャニ∞のことを研究し尽くして作られている、とんでもないバケモノ曲。

韻踏ィニティ

渋谷作詞のこの楽曲「韻踏ィニティ(インフィニティ)」。
タイトル通り、歌詞にトリッキーな言葉遊びが散りばめられている。
それでいてどこかセクシーな妖しさのある曲で、サビ前の大倉&丸山(1番)、渋谷&村上(2番)のセリフに悩殺されるファンも少なくないとか。

ナイナイアイラブユー

謡曲チックな優しいラブソング「ナイナイアイラブユー」。
音数が多くないこともあって、純粋な各メンバーの声の特徴であったり、ハモリの綺麗さが映える一曲。
個人的に錦戸、大倉、丸山の声質とぴったりマッチした曲だと思う。特に大倉の低音パートの響き方が良い。とても良い。

WASABI

関ジャニ∞には珍しく、かなり強気で強引なラブソング。「WASABI」という曲名だけで、こんな曲だと予想できた人はいたのだろうか。
関ジャニ∞のラブソングは振り向いてくれない女の子を追いかけるというものが多いのだが、何というかその最上級。
「君を振り向かせてみせる」どころか、『誰かのモンだってかまやしないよ』『勢い余ってフライングで 連れ去ったっていいじゃん』『ダメもとで今夜会いに行って 抱きしめたっていいじゃん』とまで言ってしまう。
曲名のWASABI(=ワサビ)が意味するところは、『ツンと後引く 涙目の恋模様』『ジンとしびれて 突き抜ける恋』のこと。こんな関ジャニ∞はじめて…
さらに恐ろしいのは、この曲が「ナイナイアイラブユー」のすぐ直後に収録されているということ。ギャップが恐ろしい。関ジャニ∞怖い。

言ったじゃないか

関ジャニ∞らしいコミックソング。錦戸主演のドラマ「ごめんね青春(2014)」の主題歌であり、宮藤官九郎峯田和伸(銀杏BOYZ)の二人がそれぞれ作詞と作曲を手がけている。
これこそ分かりやすく「振り向いてくれない女の子」系の歌で、歌詞はずっと「〇〇だって言ったじゃないか」の繰り返し。サビでは「本当のことを教えてほしいけど、でもやっぱり知りたくない」。
笑っちゃうくらい情けなくて、泣けてくるほど明るい、まさに関ジャニ∞らしい一曲。
あと、ごめんね青春が3年前とか嘘でしょ…

元気が出るSONG

錦戸提案のもと作成された楽曲。パートごとにリレー形式でメンバーが作詞作曲を手掛けている。
関ジャニ∞メンバーの、メンバーによる、メンバーのための楽曲。
ファンに向けられた曲というよりは、7人がそれぞれこれまでずっと一緒に歩んできたメンバーに宛てた手紙のような一曲。
直接言葉にはしないお互いへの感謝と、これからも共に歩んでいくという温かい決意に満ちた一曲。

結論

つまり何が言いたいかというと、このアルバムマジで最高なんです!関ジャニ∞のとてつもないポテンシャルに満ち満ちたアルバムなんです!聴いてみてください!どうです?GW中にツタヤで借りてみてはいかがでしょうか?最悪、最初の二曲だけでも!
とにかく絶対絶対後悔させませんから!!

文量を見てもらえば一目瞭然ですが、私は「WASABI」が好きです。


*1:こうは言いながらも、最新アルバム「ジャム」がそれを覆してくれることを期待している

*2:なぜこの組み合わせが垂涎ものなのかを記すには、ページの余白が足りない

*3:17年現在の名義こそTAKATSUKINGだが、当時の名義は村上信五 a.k.a KING(単にKINGのことも)だったことに留意されたし